谷村・星原法律事務所

谷村・星原法律事務所 > 雇用・労働

雇用・労働

働くにも雇うにもルールがあります

労働問題というと、大きな企業や労働組合との間の問題として、あまり関係ないと思われるかも知れませんが、解雇された、給料がきちんと払われない、サービス残業を強いられる、仕事中に怪我をした、職場でのセクハラ・パワハラが耐えられないなど、これらも全て労働問題です。現在我が国ではこれらの問題について、詳細な法律の規定によって、労働者にとっても雇用主にとってもバランス良く規律するルールが整備されていますが、実は、なかなかきちんと守られていないのが実情です。

当事務所では、これらの法律の適用を事業者・労働者双方の立場からバランス良く行えるように、就業規則や労働契約の整備のアドバイスをしたり、間違った適用がなされた場合に、事業者の損失を防ぎ、労働者の権利を守る手段を提供しています。まずは、お悩みの事情が法律上どう扱われるべきなのか、疑問に思われたら、ご相談ください。